女性の画像
神待ちサイト等に書き込みを寄せる神待ちをしている女の子たちの多くは、家庭内や学校等でのトラブル、20代以上の女性であれば職場、彼氏、旦那とのトラブルを抱え、家を飛び出しています。

多かれ少なかれ、人間関係や社会においてトラブルを抱え、心を痛めているのです。

そんな神待ち女子たちに対し、いきなり割り切った関係や体の関係を持ちかけてはいけません。

まずは、彼女たちが何に悩み、どんな不満を抱えて家を飛び出してきたのか。なにを求めて神待ちサイトを利用しているのか。

彼女たちの望みが何なのかをしっかりと察し、出来る限り望みを叶えることを心がけましょう。

そうすることで、あなたを最高の「神様」「泊め男」と称し、あなたが望むものを自然にお礼として提供してくれることでしょう。

神待ち女子と出会い泊め男になるための基礎知識~神待ち女子との接し方~

神待ち女子が見つかったら

神待ちサイトにて救済を求める神待ち女子を見つけたら、まずは掲示板を利用してアプローチをしてみましょう。

彼女たちの多くは

  • 食事を取りたい
  • お風呂・シャワーを使いたい
  • 生活用品(生理用品など)が欲しい
  • ネカフェに泊まれるだけのお小遣い(3,000~5,000円程度)が欲しい
  • 今夜安心して眠れる場所が欲しい

といった様な希望を掲示板に書き込んでいます。

このような書き込みを発見したら、あなたが提供できる範囲で良いので、その旨をメールでアプローチしてみましょう。

神待ちサイトで泊め男を求める神待ち女子が望むものは、決して大金などではありません。

彼女たちが最も欲しているのは「人の優しさ」なのです。

見ず知らずの人に親切にして貰った、その気持ちを得ることだけでも、彼女たちは十分に満たされます。

まずは、彼女たちに「与える」事を惜しまず、可能な範囲で神待ち女子たちの望みを叶えてあげましょう。

自ら神待ち女子の募集を行う場合

神待ち女子の中には家出経験やサイトの利用経験が浅く、自分の方から掲示板に書き込みが出来ない女の子も多く見受けられます。

この様な場合は、あなたの方から先に

今日、○○時~●●時なら食事をごちそうできます

○○(地名)で良ければ、宿泊先に使って下さい

この様な書き込みを掲示板に行い、神待ち女子たちの方からアプローチをかけやすくしておくことも大切です。

掲示板に書き込む際のポイント

見返りを求める様な書き込みをしない

よく掲示板の書き込みに「泊めてあげるから○○円でどう?」「ホ別3K」などというような書き込みをしている人がいます。

もちろん大人同士の話ですから、体の関係に発展したとしても不思議ではありません。

ですが、神待ち女子に関しては、最初から見返りを求める様な書き込みをしてはいけません。

前述の通り、家出をして神待ちをしている女の子たちの多くは、何らかの不信感や不安を抱えているのです。

最初から体を求めたり、割り切った肉体関係を求める様な書き込みをしてしまえば、当然彼女たちと会うアポイントは期待できなくなってしまいます。

節度を持ち、礼儀をわきまえた上で、見返りを求めずに愛情を与えてあげることを心がけて下さい。

詳細情報を記載する

上記の例のように、具体的な時間や地域名などの情報を記載しておくこともポイントです。

もし、神待ち女子と会うとなれば、出会える距離じゃないと大変です。例えば、あなたは九州で、神待ち女子は北海道だとしたら会うことは難しいですよね。

また、会う時間やあなたが提供できるものを具体的に記載しておくことで、彼女たちの方も気兼ねなくあなたの書き込みに対して返信がしやすくなります。

求める家出女子については詳細を書かない

こちらも掲示板でよく見る書き込みなのですが、「18歳~20歳の家出女子限定」といった様に

女性の年齢

容姿がわかる写メの添付が絶対

などといったことを記載し、求める神待ち女子について制限をおこなう書き込みをする男性がいます。

もちろん、せっかく一緒に食事をしたり、泊めてあげる訳ですから、可愛い女の子が良いという気持ちも分かります。

ですが、この様な書き込みを行う事により神待ち女子たちの目から、「見かけで女性を判断、差別する人」「若い女の子しか相手してくれない人」といったイメージを与えてしまいます。

便宜上、家出女子といった触れ込みにはなっていますが、中には、旦那からの暴力、浮気、借金などを理由に家を飛び出した人妻などもいらっしゃる訳ですから、この様な書き込みを行い、女性を差別する様では、あなたの書き込みから愛情を感じる事は出来なくなってしまいます。

しつこいようですが、家を飛び出した女性の多くは、保護を求めると同時に、「愛情」を求めているのです。

あなたの愛情、優しさを神待ち女子たちは求めているのだという事を忘れないようにして下さい。