女性の画像

投稿者さんのプロフィール

  • 名前:おっさん
  • 年齢:40代
  • 職業:会社員
  • 地域:大阪府
  • 利用したサイト:神待ち掲示板

私は山口県に住むサラリーマン。40代アラフォーのおっさんですが、若い女の子が好きで、日頃から神待ち掲示板にはお世話になっています。地元の山口県では、土地柄のせいかなかなか若い女の子との出会いの機会というものがありません。

先日、仕事で大阪に出張へ行くことになり、久々の都会ということで、ウキウキしながらホテルの予約も完璧です。思いのほか仕事が早く片付いたので、暇つぶしがてらホテルの部屋でいつも使っている神待ち掲示板を覗いてみました。やはり大都市ということもあり、神待ちしている女の子が多いようです。それは、神待ち掲示板の書き込みの数を見れば一目瞭然。

そんな多くの書き込みの中で目に入ったのが、ひとりの女の子のご飯募集の書き込みです。私も食事はまだ済んでなかったので、「ご飯ご馳走しますよ。良かったら一緒にどうですか?」的な軽い感じのメールを送ってみました。

すぐに返信のメールが来たので、内心サクラを疑いつつも再度メールを送ると、またすぐに返信が来ました。

その後、7通ほどメールのやり取りを繰り返したところで、なんとか会うアポを取ることができました。その子は現在、梅田駅周辺をブラついているとのことで、私の今いるホテルからも近いです。

私はこれまでにも数人の神待ち少女と出会った経験がありますが、毎度のことながら対面するときは年甲斐もなくドキドキしますね。軽く支度を済ませ待ち合わせ場所へ向かいました。

待ち合わせ場所はJR大阪駅と阪急梅田駅を結ぶ場所にある「カリヨン広場」。

地味な感じだが中身の良さそうな女の子

大阪梅田の画像
待ち合わせ場所の「カリヨン広場」に到着した私は、少し遠めから辺りを見回してみるが、人の多さでわからない。

とりあえず、着いたことをメールして待つことに。彼女もすでに着いているとのことだが、どれが彼女かわからない。すると、少し離れたところでキョロキョロしている女の子を発見。

あの子かな?と思い服装をチェックしてメールすると、ビンゴ!彼女でした。

会うまでは、遊んでいる感じのギャル風な女の子を勝手にイメージしていたのですが、思っていたのとは全然違う真面目で大人しそうな22歳の女の子です。

ここ大阪では、こんな大人しそうな女の子でも神待ちするのかと戸惑いつつも、この後の展開を想像すると胸の高鳴りを抑えるのがやっとでした。

お互いぎこちない挨拶を済ませてから、約束通り、まずはご飯を食べに行くことにしました。彼女に何か食べたいものはあるか聞いたところ、お酒も飲みたいとのことで、近くにあった居酒屋へ行くことにしました。

神待ちしている理由を聞いてみると

居酒屋で食事とお酒を楽しみながら、ふと神待ちをしている理由を彼女に聞いてみました。すると、ルームシェアしている友達とかなり酷いケンカして部屋を飛び出したのはいいが、お金もろくに持たずに出てしまい、帰るに帰れず困っているらしい。

そんな時に、神待ちという言葉が頭をよぎり、神待ち掲示板に書き込みをした結果、それに引っかかったのが私だったようです。

変な男に引っかからなくてよかったな~(笑)なんて話しながらお酒を飲んでいるうちに、お互い緊張もほぐれて、だんだん慣れてきました。

彼女は家出をして帰るに帰れない事情があるので、とりあえず2件目に行くことにしました。

2人ともほろ酔い気分で、良い雰囲気になりつつあったのですが、さらに雰囲気を作るために、近くにオシャレなバーがないかスマホで探してみました。

近場に良さそうな店を見つけたので、さっそく向かいました。やっぱりオシャレなバーは雰囲気があり、女の子をその気にさせるには持って来いですね。

さらにお酒が入り、かなり酔ってきた様子の彼女。潰れる前に、この後どうするか聞いてみると照れた感じでモジモジしています。

その仕草を見た私は(これはイケるな)と確信的に思い、「この後どうする?ホテルでも行く?」と軽いノリで聞いてみると、恥ずかしそうにうなずく彼女。

(やばい、可愛い…)速攻で近くのラブホテルをスマホでリサーチする。一番近くに「サル・デ・バーン梅田」という、これまたオシャレそうなラブホテルが見つかったので、さっさと支払いを済ませ、タクシーに乗り込んだ。
ラブホテルの画像

ラブホテル「サル・デ・バーン梅田」で若い女の子の身体を堪能する

タクシーの中から、すでに少しトロンとした女の表情を見せていた彼女に、欲情MAXです。我慢できず、ホテルの部屋に入るなり、いきなりキスをしました。

彼女のほうもそれで完全にスイッチが入ったらしく、大人しい女の子の印象とはうって変わってエロエロモード全開です。

服を脱がしていくと適度にお肉がついていて揉みごたえ抜群の身体です。エッチがかなり好きなのでしょうか、乳首をちょっとコリコリしただけでものすごい喘ぎようです。

大人しい女の子が激しく悶える姿ってギャップがあってかなり興奮してしまいます。そのまま一緒にシャワーを浴びるとおもむろに彼女が私のアソコをパクリ。これがまた若いのに意外と上手い。

ここで出してしまうのはちょっと悔しかったので、なんとか耐えました。そして、シャワーから上がってベッドに行き、今度は私が彼女を攻める番です。

こんなおっさんのテクに嬉しいくらいに感じてくれて、彼女のアソコはヌルヌルになっていました。シックスナインでお互い攻めあったあと、いよいよ彼女へ挿入。

やはり若いだけあって、ヌルヌルでも中はキツキツです。正常位、騎乗位、バックと色んな体位で楽しんだところで、射精感が込み上げてきます。

「もう、出そう…」というと、「いま安全だからそのまま中に出してもいいよ…」と男にはたまらない一言。

ラストスパートをかけてから、遠慮なくたっぷり彼女の中へ私の汁を注ぎ込んでやりました。

そのまま疲れて2人して眠ってしまったようです。朝になって目が覚めると私の顔をじっと見つめる彼女。やはり可愛い。そんなことを考えていると、また無性にムラムラしてきたので起き抜けにもう一回戦。

昼前くらいにホテルをチェックアウトし、ランチをしながら話をしていると、今日は帰ってルームメイトに謝るとのこと。

出張で大阪に来ていることは伝えていたのですが、また何かあったら連絡しておいでと言い、連絡先を交換してお別れしました。

帰りの新幹線の中で、昨日のことを思い出しながらまたムラムラしてくるおっさんでした。山口県に帰ってさっそく神待ち掲示板を開いてみるかな。笑