女性の画像

投稿者さんのプロフィール

  • 名前:エロリーマン
  • 年齢:31歳
  • 職業:サラリーマン
  • 地域:名古屋市
  • 利用したサイト:神待ちサイト

こんにちは、名古屋在住の31歳サラリーマンです。

先日休み前の夜中、暇つぶしに神待ちサイトを利用していると、「終電逃して家に帰れないので泊めてくれる人募集」という書き込みがあった。

もしかして、これがの噂の神待ちなのでは?そう思ってすぐにメールをしてみることに。

すると、本当に終電逃して帰れなくなって、近くに友達もいないので仕方なく神待ちをしているとのことでした。

大須で終電逃して家に帰れない神待ち女子との出会い

僕は休み前ということもあり、夜中まで起きていて、暇つぶしにいつも使っている神待ちサイトのアダルト掲示板を閲覧ていました。

アダルト掲示板はいつもセックス相手を探している女性の書き込みで溢れているのですが、その中に気になる書き込みがあったので見てみることに。

内容は「地下鉄の終電逃して家に帰れなくなりました(*p´д`q)゚。誰か今夜泊めていただけませんか?」というものでした。

これが噂の神待ちなんじゃ?と思ったので、とりあえず即メールしました。

「初めまして。今ちょうど暇していて掲示板を覗いているとこでした。良かったら泊まるとこ提供できますよ~」

そんなメールを送るとすぐに返信がありました。

「メールありがと(人´ω`*)♡正直こんな時間だから、誰からもメール来ないと思ってた…今大須観音駅の近くのコンビニにいるので迎えに来てくれると嬉しいな♪」

とりあえず、アポは取れたので待ち合わせ場所に直行!

待ち合わせ場所にて…

僕の家から彼女がいるところまでは車で20分ほどだったので、すぐに車で向かいました。

待ち合わせの大須観音駅近くのコンビニに着くと彼女は待っていました。

どことなくおとなしそうな雰囲気で、スタイルは細身、ヒラヒラしたミニスカで男心をくすぐる格好をしていました。清楚系の雰囲気がいいですね!

軽く挨拶してから、車に乗せドライブしました。お腹が空いているとのことなので食事をすることに。

ファミレスでご飯を食べた後、また、車を走らせて会話も盛り上がっていたところで、「どうする?ホテルでも行く?」と提案するとすんなりとOKしてくれた。

すぐ近くに、ラブホテル「ラグーン名古屋」があるのでウキウキしながら向かいました。

清楚系の女の子がとんでもないビッチだった!

ラブホテルに着くと。部屋が2部屋しか空いてなくて、どちらも値段の高い部屋だったが、しょうがない…。高いだけあって少し広くとても綺麗な部屋だった。

部屋に入ると、彼女が「一緒にお風呂に入ろっか?」と言ってきて、「え?いいけど…」と言うと、「わかった、じゃあ私が先に入るからすぐ入ってきてね♪」といってその場でお構いなしに着ている服を脱ぎだした。

(この子、もしかしてビッチなんじゃ…)と、この時点で感じていました。

一緒にお風呂に入ると、浴槽に2人で向かい合わせに浸かった。

少し浸かっていると、「暑いですね」と言って立ち上がり、浴槽の縁に座り直したのだが、タオルでは隠さずにオッパイ丸出しだった。

大きいとは予想していたましたが、その巨乳と大胆な行動に驚いた。やはりビッチだ!

その子が浸かり直そうとしたので、「こっち側においでよ」と呼んで、俺の開いた足の間に同じ方向に座らせて、後ろから腰を抱き抱えてお湯に浸かった。

肌が密着してとても気持ちがいい…
女性の画像
「何だか、いいカンジですね~」と言って、腰に回した僕の手を握ってきた。

そしてその握った手を自分のおっぱいに自ら持っていって、「よかったら、どうぞ」と言ってきた。

たまらず後ろから脇を通してオッパイを両手で鷲掴み状態にした。

「もっと揉んでいいですよ」と言うので、遠慮なくモミモミしてみた。重量感と弾力があって超柔らかくて、そのまま揉み続けていた。

「サイズは何カップあるの?!」と聞くと「EかFです」と教えてくれた。

僕は乳首もクリクリしてみると、その子は小さくハアハア言い出したので、正面から抱き上げて、乳首に吸い付いた。

オッパイを揉みながら顔を押し付けて、乳首を舐めたり吸ったりしていると「気持ちいい…もっと舐めて…」と言って、色っぽく喘ぎ声を出してきた。

乳首を舐めるのを止めて、正面からモミモミしていたら、「今度は私が気持ちよくしてあげる、オチンチンを舐めさせて…」と言ってきた。

「舐めてくれるの?!」と聞くと「だめ…?」と言いだした。(ヤバいwビッチだけど可愛い…)

僕のチンコを握って、シゴいたり玉を揉んだりカリを指で触ったりと、色々とチンコをいじって楽しんでいた。

そして今度は先っぽやカリの周りをペロペロした後、口に含んでくわえてくれた。

そして「凄い!大きいね」と言って、音を立ててしゃぶりだした。

素人とは思えないしゃぶり方で僕はすぐに達してしまい、口からチンコを抜くと、少しシゴいて女の子の顔に発射した。

「ふふふ…、イカせちゃった♪」と微笑んでいた。

ベッドで2回戦目に突入!

お風呂から上がってベッドで2回戦目に突入です!

僕は彼女の体を優しく愛撫していきます…首筋からおっぱい、そして下半身へ…

すこしクリが固くなったのでクンニを始めました。舐めているとやはりビッチ!凄い濡れようです。僕の唾液と愛液でかなりのグチョグチョ状態。

するとお風呂の時よりも激しい喘ぎが「あぁ…あ、あん…」と漏れてきます。

それでも、関係なく激しいクンニ、小陰唇を音を出して吸い、クリトリスをアマがみ。

そしてアナルまで舐めまくりアナルの中に舌をいれると、激しく興奮している様子。

バックの体勢にするとアナルが丸見えそこに思い切り突っ込みます。

流石に生ハメは可哀想なのでゴムは付けました。

やはりビッチとはいえ若い女の子、締まりも最高です。

さらに激しく「あん、あぁん…あぁ…」と喘いでいます。

ああ、気持いい最高!!!!
女性の画像

ビッチだけどセックスは最高でした

結局その夜は、もう1回セックスをして、計3回発射させてもらいました。

本当に最高のセックスでした。

朝になって、一緒に朝マックを食べた後、駅まで送ってあげました。

「昨晩は一緒にいてくれてありがとうございました」と言って駅の改札口に消えていく彼女。

結局、どこに住んでいるか、本名もしらないまま別れましたが、また、出会える機会があったらいいなあって思っています。

そして味をしめた僕は、神待ち女子の書き込みを探して、今日も神待ちサイトのアダルト掲示板を覗いています。

名古屋で神待ち女子を探すならここがかなりおススメですね。